« 2008年7月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年2月17日 (火)

卵の側に立つ

村上春樹さんが好きなひとはすでにもう知ってるひとも多いんじゃないかと思いますが、これすごく感動しました。

先日、村上春樹さんがイスラエルから「エルサレム賞」が授与されるという話が持ち上がってから、一部のひとたちからその賞に対する辞退要求などが出されました。理由はこうです。


拝啓 村上春樹さま ――エルサレム賞の受賞について
http://0000000000.net/p-navi/info/column/200901271425.html

「エルサレム賞」受賞に関する村上春樹氏への公開書簡:パレスチナの平和を考える会
http://palestine-forum.org/doc/2009/0129.html

mixiをやられている方は↓を見てもいろいろな意見が出ていて、おもしろいと思います。
「エルサレム賞」辞退要求に対する意見」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=39556499&comment_count=35&comm_id=178797


で、僕も村上春樹さんがどうするのか、とても気になっていました。
きっと春樹さんは、文体も顔つきも静かな愛情に満ちている感じですが、心意気はハードボイルドな少年なので、なにを!という反骨精神も手伝って、行きたくなくても行っちゃうんじゃないかと思っていましたが、実際は想像をはるかにうわまわっていました。

村上春樹さんのイスラエル講演をハルキ風に和訳してみた
http://ahodory.blog124.fc2.com/blog-entry-201.html


たくさんのイスラエルのひとびとを前に、どれだけのひとがこれだけのことを言えるでしょう。

小説家らしい、たくさんのウィットや皮肉と、村上春樹さんらしい優しさのこもったスピーチに思えました。武器ではなくこうして言葉で立ち向かえば、世界は動くんじゃないかと心が動かされました。

特に、「そして僕は、立ちはだかる壁とそれにぶつかって割れる卵となら、その壁がどれほど正当でまた卵がどんなに誤っていようとも、卵の側に立つ」のところが好きです。


幼稚なたとえですが、誰でもむかし一度は、なんだか知らないけどみんなでよってたかってひとりの子をからかったりいじめたりしているのを見てて、「やめろよ!」って言ったり、言いたくなったりしたことがあるんじゃないかと思います。

内容がどうのじゃなくて、その構図がヤなのです。でも年を経るにつれ、僕もだんだんと集団の中で生きる知恵をつけ、言わなくていいことは言わず、いつのまにか心にもないことも言えるようになりました。

しかし、どこかでやっぱり、いつか言わなければいけないタイミングが来たら、きっと僕だってまだ言えるんだと、小さな自負を必死に守って、自分に言い聞かせていました。

だから、爽快だったのかもしれません。勇気づけられたのかもしれません。


そうしたひとたちの気持ちは、たとえひとつひとつは小さくても、しっかりと心の中を明るく照らし、いつかみんなが力をあわせて太陽のような輝きを放つのかもしれません。

一発の巨大なミサイルや、どんなに複雑で暗澹たる社会構造が立ちふさがったって、僕たちの思いに勇気さえあれば、いつかは打ち破ることができるのかもしれない。

オーバーかもしれないけど、そんなふうに思って、心が熱くなりました。


あとで知ったら、翻訳元のイスラエルポストは一部をカットオフしていたみたいで、他にももっと踏み込んだことを言っていたようです。

卵と壁 - Les vacances de Monsieur Keitaro
http://d.hatena.ne.jp/nakamu1973/20090217/1234789406

いやーすごい!
反対や心配をしていたひとびとにとっても、よいニュースだったのではないでしょうか。
誰かも言ってたけど、なんでテレビのニュースや新聞はもっともっと大きくこういうことをとりあげられないんだろう?


とにかく、僕はこの小説家をずっと好きだったことが、誇らしいなあ。嬉しいなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2009年7月 »